中古物件購入の前に見て欲しいサイト「大島てる」/住宅等の事故物件情報

「結婚したので新居を探してる」、「子供ができて一軒家が欲しくなった」。そんな方々に物件を契約する前に一度見ておいて欲しいサイトがあります。

その名も大島てるというサイトです。

大島てる(おおしまてる)は、事故物件の情報提供サイトを運営する企業およびサイト名。

1837年(天保8年)創業(ただし創業時は不動産とは無関係の事業を営んでいた)。現会長の先々代から不動産関連の事業に進出した。「大島てる」という社名はこの先々代の名前から取っている。事故物件情報サイト「大島てる」の開設は2005年(平成17年)である。

サイト内の事故物件の定義としては、殺人事件、自殺、火災などの事件・事故で死亡者の出た物件としており、対象となる物件(宿泊施設を含む)の住所や部屋番号、元入居者の死因を公開している。

出展:大島てる – Wikipedia

住み始めてから事故物件だと気付き、新しい所に転入となっては多大な労力とお金がかかってきます。

無駄な労力を捻出してしまうところを、大島てるで検索すれば事故物件を避けることができ、清々しい気持ちで新生活が営めるのです。

こんな感じで表示されるのですが、事故物件の多さにビックリさせられます。

ちなみに私の家の近くにも何軒か見つけました。田舎なんですがあるもんなんですね。

この記事を読んでくださってる方々の近所にも案外あると思うので、物件探し以外の場合でも見ておいた方がいいかもです。

スポンサーリンク